京都・蹴上から大文字山を登り銀閣寺へ下る

お正月の2日、送り火で有名な京都・大文字山に登ってきました。

〔行程〕蹴上・ねじりまんぽーインクラインー日向大神宮ー大文字山頂上ー大文字山火床ー銀閣寺(所要時間:3時間)
〔気象〕晴れ・気温8度

ねじりまんぽ

レトロ感満点、蹴上の「ねじりまんぽ」からスタート。「まんぽ」とはトンネルという意味で、「ねじりまんぽ」とは「ねじりのあるトンネル」という意味だそうです。

ねじりまんぽ標識

京都と大津を結ぶ琵琶湖疏水の船を、レール上の台車に乗せて運んだインクライン。近代の歴史を伝える遺物です。

インクライン
大神宮橋

大文字山の登山口にあたる大神宮橋。日向大神宮への入り口でもあります。

日向大神宮への道

整備された道を登ります。

日向大神宮。「京のお伊勢さん」と呼ばれる古い神社で、内宮も外宮もあります。

大文字山登り道

日向大神宮を過ぎると、本格的な山道がはじまります。

休息所

体があたたまってきたところで休息所。持ってきたみかんを2個パクリ。うまい!

京都一周トレイル標識

京都一周トレイルの標識。いつもながら、自分の居場所がわかってありがたい。

道中の雪

頂上が近くなると、昨日降った雪がチラホラ。

道中の雪

残雪は多いが、天気がいいので気持ちがいいです。

大文字山頂上

大文字山頂上。やっぱり、山で食べる弁当はうまい!

大文字山からの眺望

眺めもGOOD!

大文字山火床

少し下って火床。下界から見やすいだけに上からの見晴らしも抜群! パノラマ風景が楽しめます。

大文字山下山道

火床から銀閣寺までは整備された道がほとんど。

銀閣寺

銀閣寺の総門前に到着。

〔感想〕
正月休みで鈍った体を動かすのにちょうどいいコースでした。
有名な大文字焼きの火床も見られ、今までより京都通になった気もしました。
ただ前日に雪が降ったらしく、頂上付近の道が濡れて滑りやすかったのには閉口。
低い山でも油断は禁物ということを知らされた1日でもありました。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする