土用隠れ

7月31日土曜日、日高川龍神地区へ鮎釣りに行ってきました。

久しぶりに朝から川に入れたので、気合いを入れて9時から宮代・仲橋下へ。
水量は少なく、薄いタイツでも生ぬる〜い感覚。石を見ても磨きが悪く、聞いていた通りの垢腐れ状態です。
案の定、竿抜けポイントではすぐに掛かるものの、後が続きません。

循環が悪くなり、10時30分には退散。
車であちこち変わるポイントを探すも、どこもいっぱい。
仕方がないので、龍神最下流部の小家まで下りました。

弁当を食べてから入ったのは、何というポイントか知りませんが、いい石がいっぱい入って、7、8人位はやれそうな広大な場所。小家へ入るのは2度目ですが、こんないいポイントがあったとは知りませんでした。
(写真が悪くてすみません。本当にいいポイントでした。これで水質が良ければなぁ…)

ここで2時頃、何とかツ抜けを達成。大粒の夕立が来てからは、糸が吹っ飛ぶようなものすごいアタリも出始めました。
3時まで楽しんで納竿。

本来の龍神を楽しむには、まとまった雨が欲しいところです。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする