奈良県川上村・ホテル杉の湯に泊まりました。

非常事態宣言が解除されコロナがやや落ち着いてきたようにも見える今、皆様いかがお過ごしでしょうか。私は週末、新しいお得意様でもある奈良県川上村のホテル杉の湯様に泊まらせていただきました。

今まで何度となく前を走り抜けることはありましたが、入館するのは初めて。以前は失礼ながら「高級な民宿」くらいに思っていたのですが、泊まってみると大違い。ここは、「小さな高級ホテル」と言えると思います。

何と言っても、料理がすごい! この日がお披露目だという「龍神会席」をいただきましたが、コースの最初から最後まで、見た目、食味、バラエティ、すべてがGOOD。演出も凝っていて、メインのアワビや伊勢海老が入った箱盛りはスモークを炊いて、玉手箱に見せてくれました。

普通これだけの品数があると、どれか残すものが出てきそうですが、全くなし。無駄がなく、全てが初めての味で、個性があり、それでいて主張しすぎない上品な味。それもそのはず、ここの料理長柿原氏は、奈良県の知事表彰「奈良の名工」を受賞されていて、数年前にはホテル杉の湯で休憩された天皇陛下ご夫妻、今の上皇陛下ご夫妻への献上お弁当も手掛けられたのだとか。腕の確かさは、食べて流石だなぁと感じます。

お部屋も、空気清浄がしっかりしていて、広くてきれいです。露天も屋内もある温泉は、岩風呂も槇風呂が交互に楽しめてゆったりです。

川上村や北山村、大台ケ原、熊野観光に。ちょっと贅沢ですが、紀東の磯釣り、熊野の鮎釣り、ダム湖のブラックバス釣りに。あるいは、温泉に入って料理を賞味するだけでも値打ちはあると思います。出かけて見ませんか。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする