山本周五郎の心にしみる名言集



山本周五郎は、司馬遼太郎と並び称される歴史小説家。司馬は歴史的ヒーローを描いた作品を多く残しているのに対して、山本は庶民や名も無き流れ者などにスポットを当てた作品が大半です。黒澤映画「赤ひげ」など映画化・舞台化された作品も数多く、現在もテレビドラマなどに仕立てられているのでご覧になった方も多いと思います。そんな山本作品の真骨頂は、崇高な人間味。大きな成功や出世はないけれど「こんな生き方っていいな」と感じる人生のお手本がたくさん出てきます。
「泣き言はいわない」は、山本作品の登場人物たちが残した名言集。時代や舞台は違えど、一言一言が心にしみます。10年くらい前に買って、毎日一言づつ読んで、もう3周ぐらいしたでしょうか。今だに感動させてくれる名著です。