WordPressテーマ・SWELLを使う理由

作成日 2021.9.10

ホームページ制作において、当社がなぜWordPressテーマ・SWELL(スウェル)を採用しているのか説明します。

目次

WordPressとは

お客様

そもそもWordPressって何なの?

山﨑

世界で最も普及しているCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)です。

お客様

CMSって何?

山﨑

簡単にいうと、HTMLをコーディングしなくても、
ホームページを組み立てたり、書き換えたりして運営できる仕組みです。

HTMLで組み上げたホームページを「手書きの書類」とすると、CMSで組み上げたホームページは「PCで打った書類」のようなもの。文字の打ち替えや同一デザインページの複製などが簡単に行えます。

WordPressテーマとは

お客様

WordPressって便利なのね。で、テーマって何なの?

山﨑

デザインや機能を提供するテンプレートファイル群のことです。

お客様

??? わかるように説明してよ。

山﨑

はい!

WordPressテーマとは、WordPressを動かすためのプログラムを設定した「ホームページのヒナ型」のようなもので、WordPressを動かすためには必ずテーマが必要です。テーマは、トップページや固定ページ、ブログページなどサイト全体のデザインを規定するほか、記事の検索やリスト化、カルーセルやアコーディオンなどの機能面も左右します。WordPress自体は世界共通ですが、テーマによってWordPressサイトの性質は変わります。

お客様

テーマって、無料でDLできるんでしょ?

山﨑

テーマは無料・有料含めて色々あります。自分でテーマを作る人もいます。

テーマには既製品(有料・無料)とオリジナルがあって、それぞれ一定のカスタマイズが可能です。ホームページを家に例えると、既製品のテーマは「ハウスメーカー」、オリジナルのテーマは「工務店」といったところでしょうか。

なぜSWELLなのか

お客様

ブレーンファクトリーのテーマは、なぜSWELLなの?

山﨑

総合力で選びました。シンプルデザインと多彩な機能が売りです。

SWELL(スウェル)は、2018年にWordPressの標準エディターがブロックエディターになって以降に登場した比較的新しいテーマ。日本生まれの日本育ちで、Webクリエイターやブロガーからの評価が総じて高いです。人気の理由は、使いやすいシンプルデザインと多彩な機能。サイト運営者となられるお客様にも、以下のようなメリットを提供できます。

1. ページの更新・増設が自分でできる

お客様

IT音痴の私にも、WordPressは扱えるかしら?

山﨑

今のWordPressならできます! 簡単です!

WordPressの標準エディターがブロックエディターになったことで、ホームページの更新は自分でする時代へ完全に移行しています。以前は簡単な文字の修正でも業者に依頼していましたが、同一デザインページの増設や簡単なデザイン変更なら、ページを見ながら自分で編集できるようになっています。SWELLは、そんな時代をリードするWordPressテーマ。ブロックエディターの機能をより高度に、より多彩にしてくれます。

2. 優れたデザイン性

お客様

使いやすいのはわかったわ。でも、ホームページはお洒落でなくちゃ!

山﨑

おまかせください!業種にあったサイトをデザインします。

いくら使いやすく高機能なホームページでも、デザインがダサいと、お客様からの信頼を失いかねません。SWELLのベースは、都会的でシンプルなデザイン。カスタマイズも比較的容易で、いろんな業種のコーポレートサイトに対応しやすくなっています。また、記事を装飾する色やパターンも豊富。制作者が意図した通りにメリハリをつけられます。

3. 集客(SEO)に強い

お客様

ホームページでお客様を集めたいんだけど…

山﨑

SWELLなら、基本SEOはバッチリです。

SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)とは、Googleの自然検索結果で自社のサイトをより上位に表示させるための戦略(Yahoo!の検索エンジンはGoogleの検索エンジンなので、Googleがすべて)。クリックされるためには少しでも上位をめざす必要があります。SEOで上位をめざすためには、この順位を決めているGoogleのクローラ(AI)に認めてもらうしかありません。SWELLは機能的に、SEOに強い特徴を持っています。

表示速度が速い

山﨑

ページの表示速度が遅いと直帰率が増加し、Googleからの評価が下がってしまいます。表示速度は速いほど良いです。

SWELLが高速な理由

  • 高速化機能を内蔵
  • 不要な機能に関するCSSは読み込まない
  • 機能が豊富なのでプラグインが減らせる

サイトの構造がきれい(コーディングが適切)

山﨑

適切にコーディングされたサイトはクローラが巡回しやすく、好印象を与えるとされています。

パンくずリストが設置されている

山﨑

これも、クローラに好印象を与える要素です。

パンくずリストとは

童話「ヘンゼルとグレーテル」の主人公が森の中で迷わないように、パンくずを落としながら歩いたことに由来。WEBサイトの中で現在閲覧しているページの位置を表すものです。

レスポンシブ対応

山﨑

スマホ対応ができていないサイトは、評価が下がる傾向にあります。

SNSシェアボタンが設置できる

山﨑

SNSでブログ記事などを拡散できると、SEOにも有利です。
SNSを使ってサイトにユーザーを誘引することもできます。

以上に加え、SEOの王道である「キーワードを意識した投稿」を後押しするブログページも設置いたします。お金に無理なくホームページを立ち上げたい方は、何なりとご相談ください。

目次
閉じる